最新電子カタログ

 

人物ナビ動画

動いて話して誘導する電子カタログ

人物が登場してナビゲーション

 

電子カタログ内に動画を埋め込むことができるFlashコンテンツ。

人物を登場させてカタログの内容や操作方法を案内することも可能です。

業界唯一の画期的な技術で特許を取得しています。

 

 

 

 

インパクトを与え、親しみやすさを強調

 

電子カタログのページ内に人物を登場させ

て歩かせたり、音声や身振り手振りで商品

を説明させたりすることができます。

また、閲覧者が見たいページや、あるいは

サイト側が見せたいページへ誘導し、商品

プレゼンテーションを行うことも可能。

人物を登場させることで閲覧者にインパクトをもたらし、さらに親しみやすい雰囲気をアピールする、世界初の顧客誘導型システムです。

 

 

 視聴覚に訴え

e-ラーニングツールに

 

教育・研修用の教材に人物ナビ動画機能を加えることで、分かりやすい内容へとブラッシュアップ。人物が登場して的確に説明・誘導することで、より視聴覚に訴える効果的なe-ラーニングツールとなります。学校教育、企業内の新人教育・代理店教育など、幅広い場面で効率的な指導・教育が実現します。

 

アイデア次第で新しい訴求ツールに

 

商品の写真だけでなく、例えばその商品の使い方や使っている様子をムービープレイヤーで見せるなど、アイデア次第で新しい商品訴求方法を実現できます。動画を表示させるタイミングも、詳細設定が可能です。

 

 

ログ解析CRM」

 「拡大閲覧した商品」まで分かるリアルタイムで顧客反応を分析

 電子カタログ専用のログ解析システム。印刷したカタログでは取得不可能だった閲覧状況の情報をリアルタイムに取得し、ページの反響について詳しくデータ検証することができます。

 

 

独自システムで多角的にデータ取得

 

この独自のログ解析システムを使うことで「曜日・時間帯・キーワード検索別のアクセス数」「閲覧滞在時間分析」はもちろん、「どのページが何回閲覧されているか」「ページ内でズームされた箇所」など、ユーザーの注目した内容についてのデータまで詳しく取得できます。

 

 

 

マーケティング戦略への有効活用

 

解析されたデータは、マーケティング戦略を行う上での指標の一つになります。例えば印刷カタログの次号以降の紙面レイアウトや写真セレクトなどを、ユーザーの嗜好に合わせて変更するといった、メディアミックスへの展開にも可能性が広がります。

 

 

   ログ解析機能一覧

■ページビュー             ■ズームビュー


■その他の計測できる項目

訪問数、リピーター比率、ユーザー使用ブラウザー、ユーザー使用OS、曜日別アクセス、時間別アクセス